息抜き

【見守り】老人の運転事故を防ぐならSmartDrive Familliesで決まり

「父や母は大丈夫と言っているけど、正直しっかり運転できているか心配・・・」

年老いた父や母が運転する人ならわかると思いますが、仕事中や家事をしている最中に妙に気になって作業が手につかなかったことありませんか?

ましてや父母が遠隔に住んでいるなら、より一層その度合いが増すと思います。

身近で起こった老人の運転事故が母だった

私の母はいわゆる高齢者に属するのですが、私が住んでいるところから遠く離れた場所に住んでいます。

母は高齢者ですから、普通に生活する中でも「元気にやっているのかな?」とか「まさかオレオレ詐欺なんかに引っ掛かってないよな?」とか妙に心配になる時があるのです。

そして、そこに一時「運転大丈夫かな?」という心配が増えた時期がありました。

それは、ちょうどイチローが2009年WBC第2回大会に決勝タイムリーで韓国を破った時のことでした。

母はその時初老に差し掛かる頃で、この逆転劇を見て熱い思いが湧き起ったらしく、何かに挑戦したいと言い出したのです。

そして、その挑戦に選んだのが『車の免許取得』でした。

初老に差し掛かっていたので理解力は乏しく、記憶も苦手としてたため学科テストはなかなか苦労したそうです。

そして、実技の運転も教官にダチョウ倶楽部の上島が言うかの如く、『殺す気か!』と刺さる言葉を言われたようでした。

しかし、そんな母も最終実技試験まで何とか辿り着きます。

なんとかギリギリの点数で免許を手にした母でしたが、日常生活ではビビりながら運転生活を送ります。

実家に帰る度に、そんな様子を見ていた息子としては母が運転する車に乗るのは非常に怖いなと思っていたわけです。ですから、実家に帰った時は進んで息子が運転していました。

そして、短い帰省が終わり帰路へと就くつく息子。

母のビビっている姿が印象的であったことから、遠方に住んでいる息子としてはできれば乗らないで欲しいという思いが湧いてきます。

しかし、母にも買い出しなどの生活がありますので、運転を気軽に止めれるものではありませんでした。

それから、暫くして事件が起こります。

その事件とは、母がバック駐車時に誤って前進してしまい、向かいの家の表札ブロック塀に突っ込むという事件でした。

幸いケガ人がいなくて良かったものの、一歩間違えば人身にもなり兼ねませんでした。

老人の運転事故がなくならない理由

母の事故を含め最近老人の人身事故ニュースが絶えませんが、そのような事故がなくならない理由があります。

その理由とは、脳機能の低下です。

脳の神経細胞は20歳をピークに毎日10万個死滅すると言われているので、老人の瞬時の判断能力が若かりし頃より鈍るのも無理はありません。

実年齢に対して気持ちが若い頃のままの人は結構います。

例えば、運動会の保護者リレーで気持ちに体がついていかず、足が空回りしてコケるおじさんが最たるものでしょう。

おじさんは、走る前まではまさか自分の反射神経が衰えているなんて想像もしていないわけです。しかしながら、実際は自分が想像する能力に対して老いのスピードが早いため、体が追いつかない現象が起きてしまうのです。

全身を動かす運動でようやく気付くわけですから、身体の一部しか動かさない運転においては自分の身体が気持ちに追いついていないということなんて気付きにくいことなのかもしれません。

老人の運転事故を未然に防ぐためのサービスとは?

心と体の差を埋めるための技術として、急発進対策の自動ブレーキや追突軽減ブレーキなど昨今開発されていますが、それでも完全に命の保証をしてくれるようなところまでにはまだ遠い状況です。

自分もダメ、技術もダメとなると、頼れるのは自分以外の人です。

例えば、自分以外の人があなたの運転状況を見て、アドバイスや注意を与えてくれるとしたらどうでしょう?

そんな素敵なサービスが実は最近出てきています。

そのサービスとは、SmartDrive Familliesです。

コチラ↓

SmartDrive Familliesは、遠隔からでも家族の運転を見守ることのできるサービスです。

車のアクセサリーソケットに挿すだけで、独自開発した高性能センサーが運転操作を計測し、データをクラウドにアップロードしてくれます。

ですから、遠隔からでもそのデータにアクセスすることができるわけで、運転が心配になってきた高齢者がいる家族の人がリアルタイムで高齢者の運転状況を把握することができるのです。

具体的には、遠隔からでも運転ごとの急ハンドル、急加速、急減速のスコアを表示したり、どの操作が悪いのか、どこで急操作があったのかを知ることができるのです。

これにより、運転を今後続けていってもいいかどうかをどこからでもアドバイスできますね。

もちろん最近免許取り立ての子供がいる人が使ってもいいわけで、SmartDrive Familliesは色々な使い方ができると思います。

人の命は何物にも代えられませんから、身近な大切な人が運転するなら是非設置を考えてみてはいかがでしょうか?

以上、老人の運転事故を防ぐならSmartDrive Familliesで決まり でした。

-息抜き

Copyright© えくてとノート , 2020 All Rights Reserved.