息抜き

【悲報】老人の運転マナーが最近酷くなってきているように感じる件

「最近老人の態度が目に余って仕方ない

かつて『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスと有吉弘行が最近の高齢者に対して苦言を呈したことがあった。

有吉は「ジジイのマナー悪すぎない?年取ったら角取れて丸くなってさ…全然だね。紙ヤスリみたいな糞ジジイばっかり」と訴え、

それに対してマツコも「あのジジイ達が経営してなかったら日本経済はもうちょっと上手く回っている」と返したのだ。

彼らの主張に対して共感できる事件が私の身に起きたので、ふと思い出したのである。

老人が運転する車を見たら距離を置いた方がいい

最近メディアで老人の運転が危険だという報道が毎日のように流れている。

その発端となったのが池袋で発生した交通死亡事故である。そして、大津の園児を巻き込んだ交通死亡事故に続いて、大阪の暴走事故。

池袋の事故があまりに悲惨であったため、老人が絡んだ事故がピックアップされやすい状況になっているのかもしれないが、暴走して多数の人を巻き込むといった特徴がさらに注目度を上げているのは間違いない。

上記のニュースを見ていたのもあって、私は日頃の運転は慎重になっていたのだが、それでも先日危険な目に遭ってしまった。

事件のあらましは次の通りである。

ある平日に妻と車でショッピングに出かけたのだが、私はごくごく一般的な道路を走っていた。

運転を始めて20分ぐらい経ったぐらいだっただろうか?車はちょうどT字路に差し掛かろうとしていた。

私はその時優先道路を走っていたのだが、T字のl部分に車が見えたので、優先道路だけれども念のため運転者を確認したところ、男の老人であることを確認できた。

その老人はT字路に差し掛かろうとしているにも関わらず全くこちらを見る様子もなかったので、ヤバイと感じ、その車がそのまま入ってもぶつからないレベルで気を利かせてこちらはスピードを落とした。

結果、スピードを落として正解だった。

その老人はやはりこちらを見ることもなく、そのまま侵入してきたのだ。

私がもしスピードを落とさずに進んでいたら、間違いなく事故になっていたのは想像に難くない。

この事件から思ったのは、身体能力の低下で事故を起こす老人も多いが、相手を思いやるという気持ちが欠落していることにより事故を起こす老人も多いのではないかという点である。

私は毎日のように運転しているが、少なくとも相手が50代以下のドライバーの場合には、こちらをしっかり見て間合いを取ってくるのを目の当たりにしている。

一方、老人がドライバーの場合にはこちらを見ていないことが多いと感じていたのだ。

なぜ老人は相手を思いやるというマナーを欠いてくるのか?

尊敬されて当然という傲慢さ

高齢者のマナー悪化の理由について、甲南大学の阿部真大教授はかつて雑誌のインタビューで以下のように答えている。

『若者に尊敬されて当然』と思っている高齢者たちがいると。

そのような考えが根底に流れているので、電車などでは席を譲ってもらうのが当たり前と思っている一方で、若者からは都合のいい時だけ老人ぶりやがってという雰囲気を感じ取れず、お互い相いれない状況になってしまっているのが現状だそう。

その結果、『老人の品格がなくなった』と指摘されるようになり、若者から尊敬の眼差しが高齢者に向けられなくなっているという。

まあ、そういう傲慢さが有吉やマツコが言っていたことに繋がってくるのではないかと思う。

もちろん、全員が全員このような老人でないことはわかっているが、一部の老人の傲慢さが全体の足を引っ張るというのは何とも言い難いものがある。

脳機能の低下

阿部教授の意見も納得だが、もう一つ気になっているのが脳機能の低下によるマナーの低下である。

かつて、横浜市の横浜市の商店街で女性会社員が刺され、重傷を負った事件があった。

その犯人は71歳の無職の老人で、とくにキレやすい人という評判はなかったらしいが、普段はおとなしい人柄なのに、酒を飲んだ時は豹変するとのことだった。

犯行動機としては金目的だったとの供述だが、金そのものが目的ではなく酒が目的だったのではないかといわれている。

目先の酒を手に入れたいがために人を刺すという、通常では理性で抑えられることを抑えられないことから脳の機能の低下が原因と一部ではいわれており、その理由は、かつて犯人は脳梗塞を患っていたからだ。

脳梗塞は脳の血管が詰まってしまうために、その先の組織に酸素や栄養が届かず、脳神経細胞が死んでしまう。その結果、感情や衝動を抑制できなくなる。

具体的には、こんなことで泣くのかということで泣いたり、急に怒り出したりしたら、脳の機能が低下していることを疑った方がいい。

そのような老人は当然、周りへの気配りも欠いてしまうことが多いため、車の運転も難しいのではないかと思う。

ということで、老人が運転する車に出会ったら車そのものを見ずに、車に乗っている老人がどういう方向を見ているかといった挙動に注目してもらいたいのと、とりあえず距離を開けるということを自分の身を守るために徹底して欲しいということである。

以上、老人の運転マナーが最近酷くなってきているように感じる件でした。

P.S
先日、杉良太郎が運転免許証を返納するという英断を行ってニュースになっていたが、そういう気配りができる人は免許証を返納するが、気配りができない人は免許証を返納せずに運転し続けるというどうコメントしていいかわからない状況である。

-息抜き

Copyright© えくてとノート , 2020 All Rights Reserved.