コミュニケーション

【抜群】コミュニケーション力を高めるユーモアとお笑い力について

「コミュニケーションをもっと円滑にしたい!」

そんなあなたのお悩みを解決します。

最近このようなツイートをしました。

あなたはコミュニケーションを開始する前に、アイスブレイクをしていますか?

コミュニケーションに威力を発揮するアイスブレイクとは?

アイスブレイクとは、日本語訳に直すと”氷を壊す”という意味です。

この氷が意味するところは、人の心の壁です。

基本、人は家族や友人の前でない限り、心に壁を作って生活をしています。つまり、本心を心の奥底に閉まっているため、距離ができてしまっている状態なのです。

あまり親しくなく、距離がある人から何かを依頼された場合、あなたは快く依頼を受けるでしょうか?

私が受け手なら正直、何で私があまり知らない人の依頼を受けなけれならないのかという疑問と共に、内容によってはお断りの回答をしているかもしれません。

そんな心の壁を壊すのがアイスブレイクという手法です。

アイスブレイクは、本題とは直接関係ない話題を通して心の壁を壊し、本題に円滑に入っているようにする手法です。

私の場合、あまり接触のない人と打合せを行う時に、こちらが持っていきたい方向にスムースに事が運ぶようアイスブレイクを打合せ前に必ず入れています。

アイスブレイクを入れた時の会議成功率は9割位で、相手も積極的に会議に参加してくれるようになるので時間も短くなるといったメリットもあります。

因みに、コミュニケーションが苦手な人でもすぐに実践できる方法のまとめはコチラです↓
【解決】コミュニケーションの苦手を一気に解消するまとめ

アイスブレイクの話題は相手が好むものがベスト

アイスブレイクの題材は、本題と直接関係ない題材をチョイスするのがポイントです。

本題と関係する話題にすると相手が構えてしまうので、あくまで関係ない話題をチョイスし、ガードが緩くなるように持っていくのです。

直接関係のない題材であれば何でもよいのですが、逆に何でもよいと言われると困ってしまいますよね。

そんな時に一番手っ取り早いのは、その日の朝に流れたニュースや新聞記事から選択することです。

相手が知っているなら盛り上がりますし、知らないなら教えてあげれば相手も得です。

因みに、相手が何を好むかを事前に情報をゲットできるなら、相手が好む話題を何気なく振るのがよいです。ポイントは何気なくです。

人は好きな話を振られた時は嬉しいのはもちろんですが、そこに前振りがない中での偶然な感じで話が入ってくると自分以外に共感してくれる人がいたのかと感動すら覚えるからです。

アイスブレイクにユーモアやお笑い要素を入れると虜になる

そして、ここでもう一つ言いたいのは、アイスブレイクにユーモアやお笑い要素を入れるべきということです。

笑いはアイスブレイクを早めると共に、もっと相手と話していたいという一種のファン化状態にもっていくことができます。

小学校~高校の時に、面白い奴がすごいモテていたのと同じ現象です。

ただ、日頃ユーモアや笑いから遠いところで生活をしていた人からすると、会話に入れるのはある程度訓練が必要なことは確かです。

訓練の方法としては、まずは見て学び、なぜ笑いが取れているのかを分析すると良いでしょう。

バラエティ番組は今でもたくさんありますし、過去の面白かった番組もネットで手軽に見れたりしますからね。

なお、ユーモアを入れ込むタイミングとしては会議前を推奨していますが、場合によっては会議中に入れても効果的な場合があります。

これは上級者のレベルになってしまいますが、ある程度交流があった上で自虐ネタを投入するのです。

自らのミスがベースの自虐ネタは、反感を買うことはありませんし、あなたの知られざる一面を知ってもらう上でも効果的です。

なお、間違っても誰か特定の人をイジるようなことはしない方がいいです。人前でイジられると相手のプライドが傷つけられて、長期に渡って根に持たれますからおすすめしません。

コミュニケーション力を高めるユーモアとお笑い力についてまとめ

お願いしたい本題の中身ももちろん重要ですが、そこに至る前段階のアイスブレイクでも結果が大きく変わってくるため、疎かにしないほうがよいです。

まずは、基本的な話題でアイスブレイクをしつつ、ユーモアや笑いを加えた上級アイスブレイクで場を支配できるように練習していきましょう。

練習にうってつけの題材についてはまた別途ご紹介するとして、今回はここまでです。

では、コミュ力高めて、明るく楽しい生活が送れるように頑張ってください!

以上、コミュニケーション力を高めるユーモアとお笑い力についてまとめでした。

-コミュニケーション

Copyright© えくてとノート , 2020 All Rights Reserved.