コミュニケーション

【推奨】雑談が苦手な人は鉄板ネタとキーワードの追い込みで克服できる

「休憩、食事、飲み会時の雑談が苦手だ・・・」

「1対1になった時に何をしゃべっていいかわからない・・・

寡黙な人は、複数人が集まっての中では聞き役に徹してもとくに違和感がありませんが、1対1の時は下手したら取っつきにくい奴だと思われてしまうのが辛いところです。

ですから、寡黙な人は『雑談が上手くできたら、何て楽なんだろう・・・』と思うことが多々あるはずです。

私も過去には寡黙だったことから、1対1の時にどういう心境だったかは辛いほどわかります。

『変なことを言って嫌われたらどうしよう・・・』なんて気持ちが、行動を制限してしまうんですよね、実際。

でもね、そんなコミュ障だった私も、ある方法を行ったら簡単にしゃべれるようになったんですよ。

雑談が苦手と特に意識する相手は挨拶する程度の人ではないか?

あなたが仲のいい人と雑談する分には、とくに話題についてはさほど気にしていないと思います。

なぜなら、つまらない雑談をしてしまったところで仲が悪くなることはよっぽどのことがない限り起こらないからです。

一方で、あなたがとくに意識しているのは、会ったら挨拶する程度の微妙な人に対してだと思います。

会ったら挨拶する程度の人との話題って本当困りますよね・・・。

自分の出方次第では今後仲良くなるかもしれないし、敵になるかもしれないのですから、慎重にコミュニケーションを取っていく必要があり、気疲れしてしまうのも無理もありません。

あなたが相手としゃべらなくても何とも思わない精神の持ち主なら、別に無理してしゃべらなくてもよいのですが、そうではないから悩んでいるんですよね。

だって、嫌われたらどうしようと思ってしまう人はある意味サービス精神旺盛ですから、しゃべらないことが苦痛になると思うんです。

ですから、何とか話題を振ろうと頑張ってしまっているのではありませんか?

そして、雑談疲れを起こしてしまって、自分は雑談が苦手なのではないかと思い込んでしまうという負のスパイラルに入っていってしまうのではないでしょうか?

そんな負のスパイラルを長いこと味わっていると、自己否定を起こして自分に自信がなくなり、あらゆる言動、行動が消極的になってしまいます。

ですから、今すぐにでも断ち切りたいところです。

そんな断ち切る方法について紹介しています。

雑談が苦手な人は鉄板ネタとキーワードの追い込みで克服できる

雑談が苦手な人は、その時々で何を話すかを考えてしまうからしんどくなってしまいます。

ですから、最初から何を話すかを決めて交流するのがいいです。

因みに、会社で1000人以上と交流してきてコミュ障を克服した私ならこういう流れで話をするという事例を紹介しましょう。

入り口は当たり障りのない話をする

取りあえず相手は絶妙な間合いを取る必要がある相手です。

正直あまりにも情報が少なすぎるため、徐々に間合いを詰める必要があります。そんな間合いを詰める方法としては、誰も傷つかない当たり障りのないベタな話題で相手の性格を把握する必要があります。

例えば、天気の話とかは無難です。

イギリス人が天気の話をよくするのは有名ですが、別に天気の話が好きだからとかではないんです。

天気の話をする理由はまさに先に説明した通りで、あまり相手を良く知らない内に失礼なことを言ってしまわないようにするためです。非常に考えられた鉄板の雑談ネタだったのです。

政治や宗教、人種など様々なタブーが世の中には存在します。そのタブーに触れないようにするためのイギリス人の長年の知恵ですね。

あとは仕事の話も無難かもしれません。

中盤は入口の話を拡げていく

先程、入り口は天気の話か仕事の話かと言いましたが、その話題から中盤は話を拡げていきます。

例えば、こちらの『天気の話で今日は雨が酷いですね』に対して、相手が何か新たな話題を提供してきたならば、その話題に乗っかればいいです。

具体的には、その話題の中に気になるキーワードが出てきたならば、そのキーワードについて教えてもらえばいいし、その中でさらに新たなキーワードが出てきたなら、それについてまた質問すればいいので、永遠に続けられます。

相手が単なる相づちならば、自分の雨に対しての感想を語ればいいのです。

それでも相手の反応が薄いなら、相手はそもそも会話をしたくないという意志表示なので、会話を打ち切ればいいです。

無理に会話を続けないのも気配りの一つです。

締めは次の予定があるので・・・

ある程度会話が続いたならば、最後締めて撤収です。

まあ、「次の予定があるので・・・」と挨拶して撤収しれば何も問題ありません。

雑談が苦手な人がここまでこれたなら立派なものです。

自信を持って撤収しましょう。

雑談が下手な人が雑談力を身に付けた後は無双状態になる

私は雑談が下手な人が雑談力を身に付けた暁には、最強だと思っています。

なぜかというと、雑談が下手な人ってある意味想像力が半端ないんだと思うんですよ。

例えば、『自分がこんなことを言ったら相手が嫌がるかもしれない』とか、『相手が自分に対して嫌なことを言ってきたらどうしよう』とか、現実に起ってないことを想像力を働かせることで、ある意味最悪時のパターンを複数シミュレーションをしているわけです。

つまり、時間を許す限り無意識の内で想像を働かせる、相手への気配りをする訓練を人一倍行っているということに他なりません。

ですから、そんな人が雑談力を身に付けた暁にはどうなると思いますか?

これはもう、コミュニケーションの鬼と化すことが想像に難くありませんね。

なぜなら、相手が何を嫌がるか?何を喜ぶか?といったシミュレーションを脳内で繰り返し行われてきた後の洗練された雑談だけが口から発せられることになるからです。

その結果どうなるかというと、まず相手の地雷を踏まなくなります。

そして、相手が何に価値観を置いているかといったことも敏感に感じ取れるので、その相手が好む話題を振ってやることができるようになるのです。つまりは、気配りができる雑談力がある人と認識されるということです。

雑談力はある意味、後天的に身に付くものです。つまりは、テクニック的なものなので努力で何とかなるものと言えるでしょう。

ということで、今回の方法を自分なりに試してアレンジしていってください。

さすれば、道は開かれんってな感じです。

 

以上、雑談が苦手な人は鉄板ネタとキーワードの追い込みで克服できるでした。

-コミュニケーション

Copyright© えくてとノート , 2020 All Rights Reserved.