プロマネが苦手なサラリーマンが生まれ変わるサイト

"えくてと"ノート

コミュニケーション

【実体験】コミュニケーション下手が仕事中にやるべき3つテクニック

更新日:

「コミュニケーションが下手で、仕事も上手くいかない・・・」

「誰にでもできるコミュニケーションのコツを知りたい」

というあなたの悩みを解消する方法をご紹介します。

コミュニケーションスキルは人が生きる上での基本となるものです。

ですから、コミュニケーションが下手だと人生が地獄と化します。

私は正直、会社に入社したての頃にはコミュニケーションが下手でした。

例えば、仕事としてはそれなりにできたつもりだったけど、伝え方が下手なばかりに過少評価されたり、他人のミスを押し付けられてしまったりと損することが多かったです。

そういうわけで、『人生損しないためにもコミュニケーション能力を改善することは最優先でやるべきことだ』と捉え、改善を日々行ってきました。

今回、その中で得た知識をまとめましたのでご紹介します。

”え~きっとノート” サイトを見て『コミュニケーション下手な自分でも意外とやれそうだな』とか感じてもらえれば幸いです。

因みに、コミュニケーションが苦手な人でもすぐに実践できる方法のまとめはコチラです↓
【解決】コミュニケーションの苦手を一気に解消するまとめ

コミュニケーション下手が仕事中に陥る3つのパターン

ここでは、仕事をする上でコミュニケーションが下手な人がよく陥っている状況について書いていきます。

因みに、コミュニケーション下手にもいくつかのパターンがあります。

単純に自信がない

かつて注意されたり、恥をかいたりして、自分に自信が持てなくなっているパターンです。このパターンの人は往々にして仕事はきっちりできているので、あとは自信を持ってしゃべれるかどうかです。

自信がない状態で話すと、正しい仕事をしていても中身に説得力が出ませんので、勘違いされる場合があります。

相手の期待を読み取れない

日本は海外のように、やるべきことをきっちり言葉に表現して指示を出さないことが多いです。

これは指示する側の能力不足でしっかり指示を出せないというパターンもありますし、単に言葉足らずというパターンもあります。

そんな指示不足に対して、受け手側が行間を読み取ってカバーする割合が高いのが日本です。

そういうわけで、相手の期待を読み取る割合が多くなってしまい、結果として相手の期待から外れたことを実施してしまう可能性が高くなるのです。

情報共有が少ない

会社内において、仕事が一人で完結することはほとんどありません。

ですから、多数の人との連携が必要です。そして、その連携を人が行いますから当然連携ミスも生まれます。

連携ミスで良く発生するのが思い込みです。

相手がきっとあの部分に関してはしてくれているだろうという思い込みをお互いに思ってしまい、誰もその部分に関してやっていなかったというパターンです。

コミュニケーション下手から脱出するための方法

自信を持ってしゃべる

”自信を持ってしゃべる”と文字に起こすことは簡単ですが、これを実際やるには時間が必要です。

なぜなら、性格を変えることに対して心の中で葛藤が起こるからです。性格が悪い方向に行くのに対してこの葛藤が起こるのは納得できるのですが、良い方向に行くのにも起こるのでやっかいです。

対処方法としては、少しずつ成功体験を積んで慣らしていくことを行っていく必要があります。

相手が何を期待しているのかしっかり確認する

指示側が曖昧なのを放っておくと、問題が起きた時に受け手側の責任にされますので、相手が何を期待しているのかしっかり確認するクセを付けましょう。

さらには、アウトプットの姿をその場で共有できると間違いないです。その場で確認できない場合は、仕事を開始する前にアウトプットイメージを作成し、相手側に見てもらいましょう。

見てもらうのは一瞬です。共有せずにやり直しを食らう程、生産性のないことはありませんから。

細かく情報共有する

仕事を多人数でするにせよ、少人数でするにせよ、自分の進捗を相手に細かく共有すると間違いありません。

細かく共有することで、相手も安心しますし、間違っていたらフィードバックも貰えるので、共有することのメリットは大きいです。

ただし、あまりに共有頻度が多いとウザがられるといった点がありますが、まあその時はそんなに共有しなくていいよと誰か言ってくれますから、積極的に共有しましょう。

自分がちょっと多いかなと思うぐらいが、意外と相手にとって丁度よかったりします。

コミュニケーション下手が仕事中にやるべき3つテクニックまとめ

コミュニケーションは、何度も言いますが非常に大事です。

職種によっては、コミュニケーションだけで仕事が成立してしまうものもあるぐらいで、ここを疎かにすると、全てがネガティブ視点で見られるという悲しい結果になりかねません。

ですから、今悩んでいるあなたは今回のテクニックを試しに実践してみてください。

多少なりとも相手の反応が変わってくると思いますよ。

以上、コミュニケーション下手が仕事中にやるべき3つテクニックでした。

-コミュニケーション

Copyright© "えくてと"ノート , 2020 All Rights Reserved.